保育士→介護士への転職は休日増えて高待遇! - 金儲けラボ
金儲け情報の更新頻度をあげました!!

保育士→介護士への転職は休日増えて高待遇!

介護士と保育士は、相手が人であるということにおいては非常に似ています。
そのため、保育士から介護士へ転職したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
ここでは、介護士と保育士の違い、転職が上手にできる方法などについてご紹介しましょう。
保育士から介護士へ転職したいと思っている場合は、是非参考にしてください。

介護士と保育士の仕事の違い

介護士と保育士の仕事は、似ているところがあります。
両方の業界とも伸びてきており、転職しやすいようです。
大きく違っていることは、夜勤が介護士にはあることです。
老人ホームなどで仕事をしたいと思っている場合は、ほとんどの場合に夜勤があるため注意しましょう。
また、相手が人であることでは似ていますが、対応の方法が幼児と高齢者では違っています。

介護士の給与と待遇

介護士の場合、経験がない正社員の場合は15万円~25万円くらいの月収、介護派遣の場合は1100円~1500円くらいの時給で、17万円~21万円くらいの月収、アルバイト・パートの場合は800円~1000円くらいの時給になります。

一方、正社員の年収としては、夜勤があるかどうかで違ってきますが、最も多いのは250万円~360万円程度です。
保育士からの転職の場合には、年収が250万円~270万円程度になる場合が多くあります。

介護士の方が保育士より、休みなどについては多く、残業も多くないでしょう。
また、2交代の夜勤の場合には、2日間1回の夜勤で仕事をするようになるため、感覚的には多く休みがあると感じるでしょう。

保育士で養ったスキルやキャリアを活用できる

介護士と保育士は補助する、支援するということではよく似ています。
すぐに困っていると気が付く、他の人の世話をする、というスキルは、介護士の場合に要求されるものであり、保育士の場合でも同じです。

長年保育士として仕事をしてきた人は、問題なく介護士としても仕事ができる場合が多いため、保育士で養ったキャリアやスキルは十分介護士の場合でも使えます。

面接の際の自己PRの方法

レクリエーションはいろいろな人が苦手とするものですが、保育士の場合は得意でしょうからこの辺りをPRしておきましょう。

例えば、ピアノが弾ける場合は、「子供がこれまでは相手でした。そのため、気配りということでは別の仕事の人より経験があります。また、レクリエーションなどの場合にはピアノが弾けるため活用できます。」 というような感じです。

できるだけ面接する際には柔らかい感じを出すようにしましょう。
やはり高齢者を介護するためには、イメージが柔らかい人が好まれるためです。
大切なのは笑顔を絶やさないようにすることです。

通常よりも声の調子も高くしておけば、柔らかい感じが出やすいため、面接する前までには友達に一度チェックしてもらいましょう。

介護士へ転職する際の資格

介護士へ転職するためには多くの資格が必要ですが、資格が無くても仕事をすることができます。
というのは、常に介護業界は人手が足りない一つの職業であるため、雇用の幅が一般の会社に比較して広くなっているためです。

しかし、介護士の資格があるかどうかで、雇用される割合も異なってくるし、転職する際に介護職員初任者研修の資格のみでも取っておくと有利になるため、取得おくようにするといいでしょう。

ここでは、介護士の資格についてご紹介しましょう。
介護士の入門の資格としては、介護職員初任者研修課程と介護福祉士実務者研修課程があります。
介護職員初任者研修課程は、必ずしも訪問介護を除いて必要ではありませんが、有利に転職の際になることもあります。
取得する方法としては、通信や通学で講義を1ヶ月~4ヶ月くらい受け、筆記試験に受かる必要があります。
最短の場合には取得が2ヶ月くらいでできる簡単なものです。
介護福祉士実務者研修課程は、通信や通学で講義を6ヶ月間受け、実技試験に受かると取得できます。
この資格を取得していると、実技試験が国家資格の介護福祉士の場合に免除されるメリットがあるため、余裕があれば取得しておきましょう。

介護士の国家資格としては、介護福祉士があります。
介護士の最も人気がある国家資格が介護福祉士です。
取得する方法としては、高校の福祉系のものを卒業する、3年以上実務経験と実務者研修をクリアする、養成学校を修了する、というものがあります。
合格する割合は比較的高い6割程度で、資格としてはチャレンジしやすいでしょう。
しかし、経験が無くて介護士に転職する場合には、初任者研修をまず取得した後、資格を徐々に取得する方がいいでしょう。

介護士がキャリアアップするための資格としては、社会福祉士、ケアマネージャー、理学療法士、精神保健福祉士、作業療法士などもあるため、仕事がやりがいを持ってできます。

介護士へ転職する方法

非常に介護士は求人が多くあります。
ほとんどの求人広告が、介護士というような場合も多くあります。
そのため、どのようなところがいいかよく分からない場合もあるでしょう。

このような場合は転職サイトを利用するのがおすすめです。
転職サイトとしては、専門に介護士を扱っているところもあるため、そのようなところを利用して、アドバイスをそのサイトのコンサルタントにしてもらいながら転職活動を進めると転職に成功するでしょう。

ここでは、おすすめの転職サイトについていくつかご紹介しましょう。
おすすめの転職サイトは、専任のコンサルタントが現場を経験しており、育児や出産などの生活スタイルに応じた求人を紹介してくれます。

しかも、福祉施設を転職サイトの企業自体が経営しているため、求人対応の幅広いものができるのも一つのメリットです。

おすすめの転職サイトは、業界において最大クラスの求人数があるため、条件のいい求人や非公開求人を多く扱っているので、介護士にちょうど適した職場を見つけることができます。

しかも、最後まで転職エージェントがサポートをしっかり行ってくれるため安心です。
おすすめの転職サイトは、対人関係がいい職場を紹介してくれるため、いじめやストレス、パワハラなどのために悩むことはありません。
また、職場を転職する前に見学したりするなど、非常に親身に対応してくれます。

金儲けしたい人は
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事
シェアする
おすすめ記事ランキング
手取り18万実家暮らしワイ、ソシャトレはじめて3日でプラス35万www笑いが止まらンゴwwww

仮想通貨民ざまーwwwwwww
ソーシャルトレード知識ゼロのワイでも荒稼ぎ楽勝過ぎてヤバイwwwwwww
速攻35万てwwwww

金儲けラボ

コメント