看護師から介護士へ転職する際に気をつけるべき事 - 金儲けラボ
金儲け情報の更新頻度をあげました!!

看護師から介護士へ転職する際に気をつけるべき事

看護師の中には、現在の職場に不満があるため介護士へ転職したいと思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、看護師から介護士へ転職する際に注意すべきことなどについてご紹介しましょう。

看護師から介護士へ転職したいと思っている場合には参考にしましょう。
看護師が転職したい理由としては、夜勤をしたくない、給料が安い、対人関係が大変であるなど、いろいろでしょう。

しかし、看護師が転職したい理由がどのようなものでも、それが自分のモチベーションをアップさせることが必ず必要です。
介護士へ転職することによって、どのように自分はなりたいのか、介護の職場でどのようなことを得たいのか、というようなことに対する明確な答えが自分の中になければ、看護師の転職活動は難しくなるでしょう。

能力がある場合には介護士へ転職すべきである

介護士へすぐに転職したい人がいる一方で、介護士へそのうちに転職したい人もいるでしょう。
置かれている状況は個人によって違っているでしょうが、もし介護士へ少しでも転職したいと思っている場合には、再度現在の状況を冷静になって考えてみましょう。
現在の看護師の職場はどのようなところが不満であるか、転職はどのような目的のためにしようと思っているか、ということを再度十分に考えてみることが必要です。

介護士へ転職したとしても、場合によっては不満がまたあるかもしれません。
介護士の仕事というのは、日々の繰り返しになるので、やはりルーチンワークになってしまって最終的に飽きるかもしれません。

転職してから何年か経つと、「仕事が楽しくない」「このような仕事をするために介護士へ転職したのではない」などというような不満が出てくるものです。

このような場合は、また転職したいというようになってしまいます。
看護師から見ると、介護士の仕事はよく見えるものです。
介護士へ転職すると、間違いなく自分の能力をもっと活かせると考えたりするものです。
そのため、介護士へ転職したいと考え出すかもしれません。

しかし、このような場合こそ、再度十分に考えてみるべきです。
介護士へ転職すると、本当に現在の不満が無くなるのか、現在の看護師の職場にいる状態で本当に自分がしたい仕事ができないか、ということを十分に考えてみましょう。

現在の職場を辞めるのは簡単ですが、現在の職場を衝動的に辞めても、正しく自分のキャリアプランが描けるとは必ずしも限りません。
介護士へ転職したいと考える時こそ、自分自身を再度見直してみましょう。

介護士への転職は安易な気持ちではできない

アメリカの場合には、キャリアアップを転職を繰り返すことによって図ることが一般的になっています。
また、待遇のよりいい会社を探して自分自身を売り込む人が、評価をどんどんされていくようなこともあります。

日本の場合でも、終身雇用がなくなってきて、自分をより評価してくれる会社に能力のある人が転職することが当然のようになってきています。
これは、一般の会社だけでなく、看護師の場合でも同じです。

しかし、現在の職場に不満があるということで、簡単に現在の職場を辞めたいという人は、転職がなかなか成功しないということもあります。
介護士へ転職する場合は、自分が希望する施設に必ずしも入職できるということではありません。

当然ですが、採用するための試験があります。
現在の職場を安易な気持ちで辞め、介護施設に簡単に採用されると考えれば非常に間違っています。

特に、現在の職場で不満があるために介護士へ転職したいと思っている場合は、転職するところの採用面接において「この人を採用したとしても不満を持ってすぐにまた辞めるだろう」と見られ、最終的に採用されなくなる可能性が大きいでしょう。

衝動的に現在の職場を辞めたとしても、次の転職先が決まらないと、生活することさえもできなくなります。
さらに、元の看護師の職場に復帰したくても復帰できないでしょう。

安易な気持ちで転職を始めると非常にリスクがあります。
自分の能力アップを図りながら、転職活動を並行して進めるようにしましょう。

冷静に現状を分析する

もし看護師が介護士へ転職したいと思っている場合には、紙を1枚取り出して線を中央に引いてみましょう。

そして、「どうして介護士へ転職したいか」と言う理由を、紙の左半分に書いてみましょう。
上長に対する悪口でも仕事に対する不満でも待遇が良くないことでも問題ありません。
現在不満に感じていることを可視化してみましょう。

次に、現在の看護師の職場のいいところを、紙の右半分に書いてみましょう。
客観的な立場で、仕事内容や職場などのメリットを見つめ直してみましょう。

最後に、左右を比較してみましょう。
多く転職したい理由があれば、意思は間違いないでしょう。
しかし、現在の職場のいいところが多くあれば、実際には転職すべきでないでしょう
転職を一時的な不満のために検討している場合には、思いとどまりましょう。
現状を改善するために努力をしないで、転職に安易に逃げているのであれば転職は止めましょう。

転職する癖をやめる

現在の看護師の職場の不満から介護士へ衝動的に転職したいと思う人がいますが、転職はこれでは上手くできません。
転職先で面接する人は、消極的な不満による転職か、それとも積極的な理由による転職か、ということはすぐに見極めるでしょう。
また、面接に万一受かったとしても、消極的な転職の場合には、転職先でも不満がまた出てくるでしょう。

そして、転職をまたしようとして、転職する癖がついてしまいます。
転職する癖がつくと非常にリスクがあります。
転職というのは、条件が繰り返すほど厳しくなり、市場における自分の価値が落ちてしまいます。
つまり、履歴書が汚れるというような状態になります。
そして、どんどん転職できる介護施設の条件が下がってしまいます。

このようになれば、看護師としてキャリアプランを正しく描くことができなくなるでしょう。
給料もアップしなく、スキルもマスターできず、年齢のみがいたずらに高くなってしまいます。
看護師から介護士へ転職する際には、ここでご紹介したようなことに注意しましょう。

 

金儲けしたい人は
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事
シェアする
おすすめ記事ランキング
手取り18万実家暮らしワイ、ソシャトレはじめて3日でプラス35万www笑いが止まらンゴwwww

仮想通貨民ざまーwwwwwww
ソーシャルトレード知識ゼロのワイでも荒稼ぎ楽勝過ぎてヤバイwwwwwww
速攻35万てwwwww

金儲けラボ

コメント