返せない借金がある場合はまず行動!今すぐ任意整理を

毎月の返済が給料のほとんどを占めるようになったら、もうその借金は返済できません。
すぐに債務整理が必要です。
専門の弁護士さんに相談をして返済できる範囲の支払に変えましょう。
任意整理をしても外部にバレません。
5年後には完全に自由の身です。

返せない借金は返せない


借金が膨れ上がると、毎月働いてもらった給料もほとんど使えず、食料品も買えない程苦労することになります。
しかし、そんな毎日を過ごしても借金の元本は減りません。
毎月支払っている返済額のほとんどは利息であり、元本返済には充てられていないのです。

これでは一生かかっても返済できません。
住宅ローンのように利率が低ければ元本が次第に減りますが、年利18%のローンは利息が多いため元本は減らないのです。

何らかの事情で返済が滞ると督促状が届きます。
これは消費者金融などが差押の準備をしている証拠です。
その前に行動を起こしましょう。

差押前に行動しよう

消費者金融などが督促状を発送する際には訴訟の準備をしています。
その前に行動しないと自分の勤務先などに消費者金融が乗り込むでしょう。
預金の差押をされると、自分の生活資金が不足してしまい本当に生活ができなくなります。

先手必勝と言います。
消費者金融などが本気になって貸金回収をしようとする前に、自分が行動しなければいけません。

こんな時に弁護士さんは非常に大きな味方になります。
借金問題解決を専門とする弁護士さんはあなたの味方です。

任意整理で利息は踏み倒し

任意整理とは、弁護士さんが仲介役になって消費者金融と交渉をすることを言います。
交渉内容は大体決まっており、3年から5年間で元本だけ弁済し、弁済を条件に利息はすべて免除という内容です。

今までの返済額に比べれば、かなり返済額が減りますから無理なく返済ができます。
今までいかに多額の利息を支払っていたかがわかるはずです。
しかも、完済すれば夢にも思わなかった完済が実現します。

つまり利息を踏み倒すことができるのです。
これで人生再出発できます。

3年後には自由の身

3年から5年で完済すれば、もう返済義務はなくなります。
複数の消費者金融などに借金があれば、すべての相手に対して任意整理を実行することができるのです。

全ての借入金に対して任意整理をすれば、3年から5年後には本当に借金がなくなります。
自己破産のように官報に載ることはありません。
誰にもバレずに任意整理を完了させることも可能です。

今までの暗い毎日が希望の毎日に一変します。
精神科のドクターの世話になっている人も少なくないようですが、一気に完治です。

ブラックリストは怖くない


ただ、任意整理も一つ問題点があります。
信用情報機関に事故情報として登録されるのです。
俗に言われる「ブラックリスト」のことを言います。
ブラックリストとして登録されると、それ以後はクレジットカードもカードローンも門前払いです。

ただ必要以上に不安を覚える必要はありません。
クレジットカードやカードローンのような後払いはできなくなりますが、それ以外の問題は生じません。
信用情報の内容は公表されないのです。

デビットカードで生活できます

クレジットカードがないと生活に支障が生じると思っている人も少なくありません。
しかし、実はクレジットカードがなくても問題はほとんどないのです。
デビットカードがあります。

デビットカードは銀行のキャッシュカードと一体化されているのです。
ネット銀行のキャッシュカードにVISAやMASTERのマークがついていることがあります。
預金残高の範囲ではありますが、クレジットカード同様に支払ができるのです。

もちろんネット通販も利用できます。
コンビニの支払も可能です。
クレジットカードの支払ができるお店などならほとんど使えます。

クレカから決別しませんか?

任意整理をするようなことになった事態になった理由は人それぞれです。
クレカもリボ払いが多くなると返済が苦しくなります。
任意整理の原因はカードローンだけではないのです。

これを機に現金主義の生活に変えることも一つの方法でしょう。
支払がクレジットカードでもデビットカードでもほとんど変わるものではありません。
最近のデビットカードはポイントやキャッシュバックもあります。

クレジットカードから決別し、デビットカードの生活に変えることで自分の人生もすっきりするでしょう。

5年後にはすべて消えます

ちなみにブラックリストの内容は5年間ですべて消えます。
任意整理をするとカードローンもクレジットカードも解約されます。
解約後の事績は5年後に消去されるのです。

信用情報機関のデータがすべて解消されれば、任意整理をした実績はすべて消えます。
任意整理をされた信販会社や消費者金融には実績が残るでしょう。
しかし、それ以外の金融機関には知られることはありません。

自分の生活を押し潰していた借金はこうしてすべて解消するのです。

まとめ

返せない借金を無理に返済しようとしても限界があります。
一生かかっても返済できません。
それより、弁護士さんに相談をして消費者金融などと相談すべきでしょう。
任意整理費用もあまりかかりませんし、時間もかかりません。
完済に向かって一歩踏み出しませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする