ブックメーカーで安全に一儲け

公営ギャンブルと言われる競馬やパチンコが好きな人も多いでしょうが、何かわざとらしいものを感じます。
それより、海外の大きな選挙や欧州のサッカーの結果に賭けてみたい人も多いでしょう。
自分の知識も利用できるため、当たる可能性は高いかもしれません。

日本から参加できるの?


日本でブックメーカーを企画すると賭博法違反で逮捕されます。
しかし、海外のブックメーカーを利用するのであれば何も問題はありません。
サイトによっては賭博法で逮捕されるという記述があるようです。
ただ、日本人が海外のカジノで遊んでも逮捕されないのと同様、胴元が海外ですから罪に問えないのです。

海外のブックメーカーの中には日本人が賭けることができるように日本語サイトを作ったり、日本円で掛け金を支払えるようにしたりすることもあります。
もちろん、これらのブックメーカーはすべてオンライン上のブックメーカーです。
ネット経由で日本からも参加できます。

ネット経由だから問題なし

このようにネット経由でブックメーカーを利用しても賭博罪には問われませんから安心して利用できます。
もちろん何人かの掛け金を取りまとめてブックメーカーを利用すると、自分が胴元だと判断されてしまうことがあります。
この場合は賭博罪を適用されかねません。

ただ、自分一人でオンライン上のブックメーカーを利用するのであれば、罪に問いようがないのです。
賭博は胴元と客がいないと成立しません。
1人だけで賭博が成立するはずがなく、刑法も複数の人が関わっていることを前提にしています。
ブックメーカー自体が海外である以上、日本の刑法を適用することは無理があるのです。

オンラインカジノでは逮捕者あり

ただ、ひとつ気になる事件があります。
京都で昨年3月にオンラインカジノで遊んでいた人が3名逮捕され、結局略式起訴で罰金刑になったようです。

これは日本人だけをターゲットにしたオンラインカジノだったということが決め手のようです。
更に、クレジットカードで支払っていたため遊んでいた人が特定されてしまったため逮捕されたわけです。

ブックメーカーは?

現在、日本人が多く利用しているブックメーカーへの支払にクレジットカードは利用できません。
どうもカード会社がブロックしているようです。
そのため、ブックメーカーへの送金が必要になります。

ただ、この不便さが簡単に公安当局に把握されないメリットも生んでいます。
ネッテラーやマネーブッカーズを利用すると海外経由で簡単に送金でき、日本国内に履歴は残りません。

結局逮捕されようがないのです。

相手を選ぼう


ただ、ブックメーカーの全てが優良サイトではありません。
日本でも詐欺師のようなサイトが多くあるのですから、これが海外ならどういうことになるかは言うまでないでしょう。

ただ、ブックメーカーを公認している国でも、野放しで公認しているわけではありません。
税金などの徴収をしていることもありますが、必ず政府が公認しています。

政府公認なら堅い

ブックメーカーで賭けた結果がどうなるかは別として、勝てば払い戻してもらいたいものです。
詐欺サイトの中には、最初から払い戻す気がないようなサイトもありますから注意が必要でしょう。

ブックメーカーを紹介しているサイトは、現地政府が公認しているブックメーカーをいくつか挙げている事が多いです。
口コミサイトもいくつかあるので比較してみるといいのではないでしょうか。

サッカーファンの方には、海外の試合にも詳しい人がいらっしゃるでしょう。
そのような人はブックメーカーで儲けることができる可能性がありますよ。

賭けられなければ意味がない

とはいえ、賭けられなけれれば意味がありません。
ブックメーカーの中には入金できる通貨を限定しており、日本円が使えない場合があります。
また、先ほど述べた通りクレジットカードやデビットカードは事実上利用できません。
送金をどのようにするかを調べておく必要があるでしょう。

あまりいらっしゃらないでしょうが、海外に銀行口座を持っていたり、海外発行のクレジットカードを持っていたりすれば問題はありません。

日本円で参加できるサイトも少なくない

ただ、ブックメーカーは日本人の利用者も少なくありません。
積極的に勧誘すると日本の公安当局を刺激することもあり、積極的な広告はしていないようです。

もっとも、ロンドン証取に上場しているウィリアムヒルスポーツのように日本語サイトを設けているサイトもあります。
海外のサイトとはいえ思ったほど難しく考える必要はありません。

まとめ

公営ギャンブルに比べるとブックメーカーは知的なイメージがあります。
海外の政治情勢を見極めつつ、賭けていくのは一つの快感とも言えるでしょう。

ただ、現状では賭博法が成立しないとしてもオンラインカジノの件でわかる通り、全くノーリスクではありません。
また、全てのブックメーカーが優良サイトとは限りませんし、日本円での決済ができるかどうかも別問題です。

この点に気を付けつつ、安全にブックメーカーを利用したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。