副業に関する社内ルールの注意点とは - 金儲けラボ
金儲け情報の更新頻度をあげました!!

副業に関する社内ルールの注意点とは

副業には、様々な種類はあります。
アルバイトで副業している方々は多いですし、パソコンで副業している事例もあるのです。
その他にも、様々な事例がある事だけは間違いありません。
ただし副業するにしても、注意すべき点があります。
少なくとも社則などは、ある程度確認しておくのが望ましいでしょう。

会社における様々なルール

そもそも会社には、色々なルールがあるのです。
給料に関するルールなども、細かく決められている会社もあります。
その他にも、禁止事項なども定められている会社もあるのですが、とにかく色々とルール設定されている事だけは間違いありません。

ルールを破った時の罰則

それでルールに触れてしまった時には、色々と罰則が生じる事はあります。
降格になってしまう事も、しばしばあるのです。
また極端な例ですと、懲戒解雇になってしまう事もあります。
せっかく長い年月をかけて築き上げたキャリアも、懲戒解雇になってしまえば、それこそ無駄になってしまう訳です。
ですからサラリーマンとして働く方々は、ルールを守る必要はありますから、注意する必要があります。

 

会社が定めている副業のルール

会社によっては、副業に関するルールも定めているのです。

そもそも人によっては、会社の収入に関する不安を抱えていて、副業している事もあります。
例えば現在会社で働いていて、毎月10万円台の給料を受け取っているものの、様々な生活資金の兼ね合いがありますから、そのお金では厳しいと思っていて、副業を始める方々も珍しくありません。それで副業をするなら、いくつか注意するべき点もあって、それが上記でも触れたルールなのです。

上記でも触れた通り、会社が定めているルールに触れてしまった時には、とても面倒な事態になってしまいますから、注意する必要があります。
ですから会社が定めているルールなどは、できるだけ守る必要はあるのですが、その1つが上記の副業で、少なくとも会社がそれを許可しているかどうかは、必ず確認しておく必要があります。

公務員は副業は原則難しい

例えば公務員の方々などは、副業に関するルールが色々定められています。
そもそも公務員の方々は、原則として副業するのは難しい傾向がありますが、それも上記のルールによって定められていて、状況によっては懲戒解雇になる事もありますから、十分に注意する必要があります。
つまり公務員として働いている方々は、原則として本業だけに集中する必要があり、副業は禁じられているというルールがあるのです。

会社員でも副業をすると懲戒解雇になる事も

それは何も公務員だけではありません。

会社員として働く方々に対しても、同じように様々なルールが定められていますが、上記の副業がそれに該当して、やはり懲戒解雇になってしまう事はありますから、十分な注意が必要なのです。
仮にそれが、給料に関する不満点だったとしても、やはりルールに触れてしまいますから、懲戒解雇になってしまうケースが大部分なのです。
したがって会社の給料が10万円だと言っても、社則にて副業が禁じられているというルールでしたら、それには従う必要がありますから、懲戒解雇になってしまっても仕方がありません。

ちなみに会社に入る時には、必ずといって良いほど雇用契約書なども交わす訳ですが、それにサインをしている以上は、少なくとも会社のルールを守る事に同意している状態になります。
サインをしている以上は、たとえ示談交渉を行ったとしても、たいていは敗訴になってしまいますから、よくルールを確認した上で、捺印などをする必要はあります。

なぜ副業をすると罰則になるか

なぜ会社がそのようなルールに設定しているかと言うと、本業に対する悪影響が考えられるからです。
そもそも本業に対して差し障りがあるアクションは、会社としても敬遠している傾向がありますから、ルールで細かく決めている訳です。

もちろん会社で働いているなら、時間通りに出社する必要はありますから、遅刻にならないよう十分に気を付ける必要があります。
ところが副業などをしていますと、色々と時間的な問題が生じて、本業の始業時間に遅れてしまう事も稀にあるので、多くの会社は敬遠している傾向があります。
そのような事態を恐れている多くの会社は、わざわざルールで副業に関する事柄を決めていて、罰則なども設定している訳ですから、基本的には守る必要があります。

まとめ

もしも副業を検討しているなら、少なくとも会社のルールだけは確認しておく必要はあります。
もちろん会社の総務担当などに問い合わせをすれば、社則などは随時確認できますから、見せてもらうと良いでしょう。
それで仮に社内ルールにて、副業が禁じられていると決められているなら、それには従う必要があります
そうでなければ面倒な事になりますから、注意が必要です。
もちろん会社ルールにて、何も禁止事項がなければ、そのまま副業は可能です。

金儲けしたい人は
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事
シェアする
おすすめ記事ランキング
手取り18万実家暮らしワイ、ソシャトレはじめて3日でプラス35万www笑いが止まらンゴwwww

仮想通貨民ざまーwwwwwww
ソーシャルトレード知識ゼロのワイでも荒稼ぎ楽勝過ぎてヤバイwwwwwww
速攻35万てwwwww

金儲けラボ

コメント