副業の手段によっては値下がりなど若干のリスクがある事には要注意

世間には、色々な副業が存在する事だけは間違いありません。
会社の収入があまり多くないので、それを補うために副業を検討している方々は多いです。
しかし副業するにしても、リスクに関する注意点もあります。
果たして自分が検討している副業は、リスクはどういう状況なのかは、よく確認しておく方が無難です。

ミニ株や投資信託などの副業

例えば、サラリーマンの方々はよくミニ株などの副業に関心を抱いています。
確かにミニ株などの副業は、大いにメリットはあるのです。
少なくとも資産をそれなりに増やせる可能性はあります。

当然ですが株券の価格は、常に変動しています。
ある時までは株券の価格が一万円でも、少し時期が経過しますと、11,000円になる事もあるのです。
もちろん11,000円のタイミングで株券を売却すれば、差し引き1,000円分の利益が生じる事にはなります。
実際には様々な手数料も差し引かれますが、そこそこ大きな利益が発生する事も多いので、多くのサラリーマンは興味を持っているのです。

何もミニ株だけではありません。
最近では銀行なども、様々な投資商品を宣伝しているのです。
いわゆる投資信託なども、副業の1つと見なされる事があります。
投資信託は、専門家にお金の運用を任せる手段なのです。
様々な投資家が世界中に居る訳ですが、その中で利益率が高く見込まれる投資信託に着目して、お金を増やそうと考えているサラリーマンも多く見られます。
その他にも、様々な手段があるのです。

副業とそのリスクに関する注意点

上記のような副業は、1つ注意点があります。
少なからずリスクがある点は、やはり気を付けるべきでしょう。

そもそも上記の株券の動きにしても、あくまでも上手く行った時の話です。
それで株の動きというのは、必ずしも自分の思い通りになるとは限りません。
時には何かの理由があって、株券がやや低くなってしまう事もあるのです。
上記のような10,000円分などでなく、時には9,000円台などに下落してしまい、損失が生じてしまう可能性も一応あるのです。
それでは、副業どころではなくなってしまいます。
現に大損失が生じているサラリーマンの方々も、比較的多く見られるのは事実です。

オークションを活用する副業とその仕組み

上記以外にも様々な副業はあります。
例えば、オークションなどで副業を行うという選択肢もあります。

仮に何らかの方法で、物品を調達したとします。
古本屋などに行って、やや価値がありそうな書籍を仕入れている方々も多いです。
そして古本をオークションに出品し、利益を得るのを目指すという副業もあるのです。
人によっては、それをせどりなどと表現している事もあります。

例えば古本屋にて、書籍を1,000円で購入したとします。
その古本は、オークションに出品しますと、さらに高値が付く可能性もあるのです。
1,000円などでなく、1,500円などで売却できる可能性もあります。

もちろんオークションというのは、普段会社勤めをしながらも、二足のわらじを履ける手段でもあります。
ですから会社勤めをしている方々で、オークションに関する副業に関心を抱いている方も多いです。

 

売れないリスクがある

しかしオークションを活用する副業にも、実はリスクはあるのです。
売却が成立しない可能性も、たまにあるからです。

そもそも上記の事例は、あくまでも古本の売却が成立した時の話です。
残念ながら、売却が成立しない事もあります。
あまり売れ筋でない書籍を購入してしまいますと、かえって在庫だけを抱えることになってしまい、それこそ赤字にもなりかねません。
ですからオークションによる利益を目的にしているなら、仕入れる商品の価値はよく考える必要があります。

維持コストに関するリスク

それと維持コストに関するデメリットが生じる事もあるのです。

そもそも古本は、年数が経過してしまいますと、状態が悪くなってしまうでしょう。
長い間古本をどこかに保管しておけば、いずれ虫食いなどが発生してしまいます。
それでオークションで古本の落札が成立するか否かは、品物の状態に左右される訳です。

あまり状態が良くないと、古本の出品が流れてしまう事もあります。いわゆる流札です。
それを防ぐ為には、できるだけ古本の価値を落とさないように、良い状態で保管する必要があるのです。
ところが古本の保管をする為にも、様々な維持コストが発生します。
倉庫などを借りて、古本を保管している方々も多いです。

ただ倉庫を借りるなら、もちろんレンタル費用が発生する事になります。
つまり、そのレンタル費用自体がリスクになってしまう訳です。
一部の副業は、維持費用というリスクが存在する事は、気を付ける必要があります。

まとめ

このように数ある副業の中には、リスクが潜んでいるものもあるのです。
特に投資商品による副業などは、それなりのリスクが潜んでいる事も少なくありませんから、十分に注意して検討するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。