ホストの給料低すぎ!?稼げない原因を調査してみた! - 金儲けラボ
金儲け情報の更新頻度をあげました!!

ホストの給料低すぎ!?稼げない原因を調査してみた!

ホストは稼げません

男性が稼げるナイトワークと聞いて思い浮かべる職業と言えばホスト
最近では、若い女性を中心にOLや主婦といった富裕層以外の女性もホストに行ったことがあると解答しています。

初回は無料もしくはワンコインで飲み放題としているホストクラブもあり、多くの女性が通っています。そんな、ホストという職業で稼げる方はほんの一握り。実際は稼げていないホストが大部分を占め、苦労も多いです。

ではホストの稼げない原因とはどういったものがあるのでしょうか?詳しく調査してみました。

ホストとは?

ホストとは?

ホストとは、ホストクラブと呼ばれる飲食店で女性客の隣に座って接客をする男性従業員のことです。料金は、基本的にフリータイム制となっておりキャバクラ店のような時間制限はありません

また、ホストは指名制度になっており基本的には、一度指名したホストを変更することはできません。ホストクラブが誕生したのは、1965年に東京駅八重洲口前でオープンした「ナイト東京」だと言われています。当時は、富裕層が多く庶民には遠い存在でしたが、近年では設定料金が安くなったことやホストクラブの店舗の増加に伴い、同じ水商売で働く若い女性を中心に人気を集めました。

夜のイメージが強いホストクラブですが、昼に営業している店舗も誕生し、主婦を中心にさらにホストクラブの需要が高まりました。

主な仕事内容

ホストの主な仕事は、女性客の隣に座り接客をすることです。女性客に就いているホストのことを「担当ホスト」と呼びます。基本的に女性客は、担当ホストを永久指名すると変更することはできません。このシステムは、女性客を巡ってホスト同士の取り合いを防ぐためのものです。

自分が担当する女性客以外のテーブルに座り接客することを「ヘルプ」と呼びます。専用のヘルプ椅子があり、灰皿を変えたり担当ホストが他の女性客の接客を行っている際に、繋ぎとしての話し相手をすることもあるのです。
さらに、細かいテーブルマナーと呼ばれる接客ルールが存在します。例えば、乾杯の際は女性客が持つグラスよりも下に持つことやテーブル席を離れる場合は、注がれたグラスを空にした状態で「ご馳走様でした」と言ってから離れるといったことが挙げられます。

また、キャバ嬢と同様に女性客とホストクラブへ出勤する「同伴」やホストクラブ以外で女性客会い接客する「アフター」なども仕事もあります。

ホストが人気の理由

ホストが人気の理由

メディアの影響

テレビでホストの華やかな世界が放送され、それに憧れを持つ人も少なくないと思います。しかし、テレビで取り上げれている売れっ子ホストは、世の中多数いるホストの中でもほんの一握りの存在です。

つまり、ほとんどのホストは日々の生活すらままならないような苦しい立場で過ごしていると言えます。ほとんどのホストは、売れっ子ホストのヘルプとして付く仕事をこなさなければならないからです。

学歴、資格不問

ホストには、学歴や資格は一切問われません。つまり、誰にでも門戸が開かれている職業と言えます。状況して面接に掛かる費用も店側の名前で領収書をもらうなどの店舗の指定条件をクリアすれば、自己負担額をなくせることもあります。

モテるイメージがある

ホストとして働くには、それなりに身なりを整える必要があります。キレイ目のスーツを着て、髪型を整えれば、格好良く見えるものです。それに、もし自分に人気が出てくれば、自信も伴い、モテることを意識するようになれるでしょう。

ホストは稼げないのか?!

求人のホストの募集要項

ホストの求人募集要項

お店は高給を受け取れるうたい文句をホームページ上で並べています。お店によっては体験入店を実施している店舗もあり、その際の時給は2000円ほどのものです。他の職種のアルバイトに比べれば、かなり高い給与を支払ってもらえることとなります。給与体系は、日給10000円を基本として、それに指名料金が全額プラスされたり、皆勤賞目標達成賞や新人で売り上げが高かった人に新人賞などといった報奨金が上乗せされるというものです。

その他、「ノルマなし」という記載はありますが、一か月の売り上げ目標金額が賞として設定されている以上、実際はノルマが全くないとは言えない状況になります。

営業マンと同じで歩合制

ホストも店に利益をもたらせばもたらすほど、自身の受け取れる給料は上がっていくシステムとなっています。実際はホスト自身がお客さんから得たお金の半分を店側が取り、残った半分の額をホスト自身が受け取るという折半型の給与体系となっていることが多いようです。まさに、営業マンの給与体系と同じだと言えますね。

平均時給は?

時給3000円の募集で勤務することを決め、いざ入店して働くと、実際は時給が600円ほどだったなんてこともあったという経験を持つホストもいます。高級を求めてホストという職業を選んだものの、サービス残業がかなりあり、実際にもらった給料を勤務時間で割って実の時給額を計算してみると、1000円にも満たない額になっていたなんていうことも有り得ます。

これでは、普通の自宅周辺のコンビニや飲食店などでアルバイトをしていた方がずっと割の良い仕事だったと言えますね。

ホストの苦労が稼げない原因

ホストは苦労が多い

スーツやヘアスタイルも全て自腹

店でお客さんの前に出るには、それなりの身なりで出勤しなければなりません。安いスーツで出勤すれば、お客さんにすぐに見抜かれて、こちらのお客さんに対する気持ちの入れ方を察しられてしまうことになります。

そこで、少し高めのスーツを用意した上で、美容室で髪型を整えて、出勤することになります。その際に最初にスーツを用意するだけでもかなりの初期費用が掛かってきます。その上、毎日の出勤の際に通う美容室代交通費などもバカにはなりません。これらは全て自己負担となります。ただもらえる給料が良いからという安易な理由だけで、ホストという職業に就くのは無理があると言えるかもしれません。自腹で払う金額が大きいので、絶対に売れてやるという強い気持ちとどんなことがあってもホストを続けていくという相当な覚悟が必要だと言えます。

太い客は、新人には当たらない

お金遣いの羽振りの良いお客さんを新人に付ける店は、ほとんどありません。ルックスもキャリアも一流のホストが持っていってしまいます。ホストの中にも、お店の中での立場があるからです。

ですから、入店して大金を手にするテレビで良く紹介されるような華やかな世界を想像していると、そのギャップに心が折れてしまうなんていうことも考えられます。

客のほどんどは、OLかキャバ嬢

高級店では大きな企業の社長夫人が来店するなんていうこともあるでしょうが、一般のホスト店の場合はお客さんのほとんどがOLかキャバクラ嬢やソープランド嬢といった職業の方がほとんどだと言えます。

お客さんのほとんどがお気に入りのホストをナンバーワンにしてあげるために、競って高級なお酒のボトルをつぎ込んでいきます。お客さんに気に入られた場合は良いですが、そうでない場合はお客さんから良い扱いを受けないことが多いと言っても過言ではありません。

ヘルプという名のいじめ

入店したホストの大半は、売れっ子ホストのヘルプに付きます。お客さんが入れたボトルを飲み干す役割やシャンパンタワーを作る際にお酒を運んでシャンパングラスを並べて一流ホストがお酒を注ぐ用意をしたりします。この際、お客さんが支払う売り上げは売れっ子ホストに全ていくことになります。ですから、自身の手元にお客さんが支払った金額がくるというわけではありません。自身が手にすることができるのは、店側から受け取れる時給分だけだと言えます。

また、売れっ子ホストからお客さんの前やその他の場面でいじられることもあるでしょう。店にいる以上は、そうした状況下でも笑顔で乗り切る必要があると言えます。

ツケの回収

自身に付いたお客さんがツケ払いにしていたとします。そのツケの回収は店側が行うのではなく、ホスト自身でお客さんに連絡を取り、毎月毎月店側が指定する決まった日までに回収しなければなりません。時には、お客さんのもとにまで出向いてお金を受け取ることもあるでしょうし、お客さんとの連絡さえつかないこともあるでしょう。

たとえ、自身で電車やタクシーなどの回収に行くまでの費用を自腹で払ったとしても、ちゃんと期限までにお金を支払ってもらえる場合はまだマシなケースと言えます。一方、お客さんが連絡を拒否したり、どこに行ってしまったか所在が不明になってしまうケースも考えられます。

そのような時は、店側にホスト自身がお客さんが本来店側に支払うはずであったお金を全額自腹で負担しなければならない事態となるのです。お客さんがたくさんお金を使ってくれたから、自身の給料が上がるというシステムの一方で、このようなケースもありますから、その時々の売り上げに喜んでいるばかりではなく、十分にそのリスクがあることを理解しておかなければならないと言えます。

寮の完備が悪い

募集の際に「寮完備」という条件が書かれていることがあり、実際に寮を利用できます。寮を利用できると言ってもワンルームマンションに一人で入寮できるわけではありません。2DKのマンションに6人で住み込みをするというように数人で一つの部屋に住むことになります。なかなかプライベート空間を作ることは難しいでしょうし、私生活が他のホストに監視されていて、ストレスがかなり溜まることになると言えます。

その他、お店によっては、閉店後のソファーや床に布団を敷いて寝るスタイルの所もあります。野宿をするよりはマシだという程度で捉えておいた方が良いのかもしれませんね。

ホストに対するネット上の意見

肯定的な意見

彼女いても、結婚してても、子供いても、ホストはアイドルじゃないから、そのホストが人間として男として魅力的だったら、わたしは会いに行って話したいと思う、 スナックのママがいい例、 旦那いても子供いても、そのママと話したい、その店の空間でお酒飲みたいって客が集う

最近ホストとか、ギャバの方の密着番組よく見るけど、考え方とか姿勢?生き方っていうのかな?真似はできないけどすごく勉強になる。若いのにすごいって純粋に思えるんだよね。だからこそTVに出てるんだろうな。

しかし、ホストはフラットな目で見れば、学ぶことがある 全員、演者でそれぞれに個性がある お酒の値段は高いけど、味というよりもその人の魅力やその人を応援するためにお金を払っている構図 まさに評価経済がここにある 最近では、喋りや顔よりもネットで評価を集めた人にお客さんが集まるらしい

否定的な意見

ホストもホストが居る歌舞伎も大嫌いわ。 営業かましてハマらせてある金を全部使わせててめぇらの為に働かされてマジきたねぇ。そいつ等が何に金使おうが関係無いけどホストだけは嫌いだ。

ホストはダメ人間製造業だと思うな…金銭感覚は元々ダメだから良いとして、毎日通いたくなる。あのなんていうか、煙草に勝手に火がつく(?)感覚…。

ホストは100%ダメ人間だと思ってるしホストにハマる人間も100%ダメ人間だと思っています

まとめ

このようにホストという職業は、かなり儲かる人とそうではなく、時給に換算してみると1000円にも満たない人の両極端が存在するということを理解しておかなければなりません。

また、実際に働くとなった際は自身でお店に出るスーツや髪型を整えるための美容室代、それに交通費などといった初期費用などの自腹で払わなければならない費用がたくさんあります。その他、お客さんがツケ払いを支払ってくれない場合は、自腹で店側への負担をしなければならないリスクなども良く理解しておく必要があります。

新人から金遣いが良い太いお客さんに付けることはまずない、ということも理解しておかなければならないことでしょう。まずは、売れているホストのヘルプとして、下積み時代を築いていき、その先に売れっ子ホストへの道が開ける場合がありますが、ナンバーワンと言われる華やかな存在になるには、狭き門だと言わざるを得ません。

またホストはたくさんのお酒を毎日飲む職業ですから、肝臓の肝機能に悪い影響を及ぼすことになるかもしれません。実際にホストの中には、病院に通い、肝臓の薬を飲みながら続けている人もいます。しかし、自身の健康とお金とのバランスの感覚を錯覚してしまっていけません。ホストの中には、このような不健康の状況となってしまっても、なかなか店側に辞めることを伝えにくいという理由で続けている人もいることでしょう。ただ、いくらお金が手元にあったとしても、自身が健康でいられなければ意味がないと言えます。

もしも、自身が売れっ子になって手元にお金が使いきれないほどあったとしても、肝機能障害で入院を余儀なくされたり、亡くなってしまう事態となってしまっては、まさに本末転倒の事態を引き起こしていると言えます。このように、様々なリスクを理解した上でホストという職業に就くべきだと考えます。

テレビで紹介されるような月に数百万円の給料を手にしたり、お客さんからマンションや高級車をプレゼントとして購入してもらえるナンバーワンと呼ばれるホストも存在しますが、それはごくほんの一握り。

ホストにも能力やノウハウを活かした転職先は沢山あるので、この記事を見たホストさんには転職をオススメします。

ホストの転職事情!経験を活かして稼げる次の仕事はこれ!

どんなホストにも転職を考える時期はやってきます。ホストで月収100万なんて幻想だった…と考える人は多いはず。そろそろ現実を見つめ直し、安定して稼げる仕事しませんか?ホストを辞めたい人に向けてオススメの転職先を紹介します!

金儲けしたい人は
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
仕事
シェアする
おすすめ記事ランキング
手取り18万実家暮らしワイ、ソシャトレはじめて3日でプラス35万www笑いが止まらンゴwwww

仮想通貨民ざまーwwwwwww
ソーシャルトレード知識ゼロのワイでも荒稼ぎ楽勝過ぎてヤバイwwwwwww
速攻35万てwwwww

金儲けラボ

コメント