サラリーマンや退職者が興味を持っている不動産投資とその注意点 - 金儲けラボ
金儲け情報の更新頻度をあげました!!

サラリーマンや退職者が興味を持っている不動産投資とその注意点

副業の中には、コツコツとお金を得ていくタイプがあります。
最近では、不動産投資という副業に関心を抱いている方々も多いです。
現にその不動産投資は、様々なメリットはあるのです。

退職者やサラリーマンが関心を抱いているアパート経営

会社を退職した年配者の方々は、たまにアパート経営を行っています。
退職してから特にやることも無いので、受け取った退職金などを活用して、アパート経営でも行うべきだと考えている年配者も多いです。

何も年配者だけではありません。サラリーマンとして働く方々なども、しばしばアパート経営などに関心を抱いているのです。

アパート経営とはどういうものか

アパート経営でどうやって利益を得るかと言うと、やはり家賃収入になります。
流れは、次の通りになるのです。

まずは何らかの手段で、アパート物件を購入します。もしくはマンション物件などでも構いません。
ちなみにそこで購入する物件は、よく選ぶ必要はあります。

特に入居率などは、やはり注意する必要があるのです。
せっかく不動産経営を始めたとしても、誰1人入居者が集まらないようでは、それこそ赤字になってしまうからです。

それでアパート物件を購入したら、今度は家賃を回収していく事になります。
つまり、その家賃が目的なのです。

もちろん入居者から家賃を回収すれば、物件オーナーとしては、それなりの利益を得られる事になります。
ですから普段から会社で働いている方々や、会社を退職した方々などは、しばしばアパート経営に関心を抱いているのです。

アパート経営と頭金に関するポイント

ところでアパート経営には、いくつか注意点もあります。

まず1つ目ですが、頭金などはよく考える必要があるのです。
上記のような流れになりますから、まずは物件を購入する必要があります。
それで物件を購入すると言っても、選択肢は色々ある訳です。

マイホームを購入する時などは、多くの方々は頭金を準備しています。
なぜなら、ローンを組むハードルに関わってくるからです。
そもそもマイホームを購入するなら、住宅ローンという手段があるでしょう。
銀行から借りている方々なども、世間では非常に多いです。

ところで銀行から問題なく借りられるか否かは、融資金額に左右される一面があって、基本的には両者には比例関係が存在するのです。
例えば1,000万円を借りるのは、2,000万円などを銀行から借りるのと比べると、明らかにハードルが低めな傾向があります。

というのも銀行としては、大きなお金を貸し出す時には、ある程度慎重に見極めを行っているからです。
銀行としては、様々な貸し倒れリスクなども不安になっていますので、大きな金額を貸し出す時には、それなりに慎重に審査を行っているのです。

ですから1,000万円を借りる上での融資ハードルは、2,000万円よりは低くなります。
それで不動産投資を行うなら、フルローンという選択肢があります。
不動産購入に関わる全てのお金を、ローンで調達するという手段になります。

しかしその手段には、上記のようなハードルに関わるネックが生じる事も多いのです。
なぜなら2,000万円を調達する上でのハードルは、どうしても高めになります。
それよりは1,800万円や1,700万円などと、若干低めな金額にするよりは、購入するハードルも低くなるでしょう。
ですから不動産投資による副業を検討しているなら、頭金を準備するという選択肢も、一応考えておく必要があります。
ちなみに準備すべき頭金は、100万円が1つの目安と言われています。

賃料回収に関するポイント

少なくとも家賃を回収していく事になりますから、何とかしてそれを無難にこなす必要があります。
それで滞納に関する問題が生じる事も、たまにあるのです。

入居者が家賃をスムーズに支払ってくれるなら、確かに問題はありません。
しかし入居者によっては、何らかの理由があって、家賃を滞納してしまう事もあります。

もしも家賃の滞納が発生してしまえば、不動産物件を保有しているサラリーマンとしては、それこそ赤字になってしまいかねません。
それだけは避けるべきなのです。このため不動産経営によって副業をするなら、賃料回収の対策なども考えておく必要があります。

ちなみに最近では、サブリースと呼ばれるサービスもあるのです。
いわゆる保証サービスの1つで、家賃を回収してくれる確率が高いサービスなのです。
せっかく高いお金を出して不動産物件を購入したのに、赤字になってしまえば、それこそ副業どころではなくなってしまいます。
ですから賃料回収の対策は、よく考えておくべきでしょう。

まとめ

このように様々な注意点はありますが、それでも手堅く家賃を回収していける見込みがあるなら、不動産投資も悪くない手段の1つなのです。
ですから現在の収入に不満があるサラリーマンや、老後に関する不安点がある退職者の方々などは、不動産投資に関心を抱いている事も少なくありません。

金儲けしたい人は
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
記事
おすすめ記事ランキング
手取り18万実家暮らしワイ、ソシャトレはじめて3日でプラス35万www笑いが止まらンゴwwww

仮想通貨民ざまーwwwwwww
ソーシャルトレード知識ゼロのワイでも荒稼ぎ楽勝過ぎてヤバイwwwwwww
速攻35万てwwwww

金儲けラボ

コメント